あいらぶ   クラシック

クラシック音楽好きのためのポータルサイト

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

© あいらぶ   クラシック All rights reserved.

20176/26

クラシックコンサートでいらつく5つの鑑賞マナー

クラシックコンサートでいらつく5つの鑑賞マナー

コンサートに行くと、必ずいらっと来てしまうことがあります。今回の記事の内容は、管理人の超主観的な記事ですので、お気を悪くされないでくださいね^^

では、個人的に、きになる5つのマナー違反(?)について、ランキング形式で御紹介します。

 

第5位 のど飴の紙袋がさがさ、かちかち口の中で飴を転がす音

そうぞうしただけで、うざっっっっってなります。いや、わかりますよ。会場って乾燥してるし、飴をなめたくなる気持ち。でも、演奏中にがさごそさがすのやめません?そんなの、開演前に用意しておけばいいことじゃないですか。しかも最悪なのが、飴の袋を開封できずに手こずるパターン。うざい!!!!(笑)

なんで、そんなとりにくい飴をもってくるんですかっ!これをやるひとのほとんどは、50〜70歳のおば樣方です。ちょっと、気をつければなおることです。まわりからしてみれば、気がちって、本当にイライラします。

 

第4位 フライング拍手

今回のフライング拍手とは、楽章の間での、拍手のことではなく、最終楽章の最後の音が切れる前に、拍手をしだすやつです。あの〜ちゃんと聴いてますか??

まだ、終わってないし、音楽って、響きとか、その余韻を楽しむものでもあると思うんですよ。拍手したい気持ちはスバラシイですが、ちゃんと、聴き終わってから拍手してください。ぼくは、あなたの拍手が聴きたいんじゃありません。演奏が聴きたいんです!!!!(笑)

 

第3位 おじんおばんの終演後の感想言い合い

はい、これね。いい演奏だったわね〜・・・って、あんた寝てたやろwwwwww そしてですね。演奏後に、演奏家の悪口言うの本当にやめてもらいたい。その人を気に入って来てる人もいるんですよ。演奏会のマナーっていうか、

 

第2位 演奏中の屁・咳・くしゃみ

これを二位にもってくるのは、ちょっとどうなのかなとなやみましたが、(なぜなら生理現象だからしかたがないから)でも、やっぱり、気になっちゃいます。

咳やくしゃみならまだわかります。でも、お○らはやめません・・・??w 臭いなあと思ったら、おもいっきりとなりのオジサンがぶひ〜ってやってて、ちょっとそれは・・・ってだいぶひいてしまいました・・・わからないように、お○らしてください・・・。

第1位 演奏中のいびき

う〜ん、わかるよ、わかるよ、演奏聴いていると、とっても眠くなるんですよ。僕もうとうとしちゃいます・・・。でも、いびきはやめてほしい!本当にやめてほしい!

いびきかいて寝るようなら、僕はコンサートには行きません。誰も、あんたのいびき聴きたくありません。もし、いびきが出やすいなら、対策してください。本当にいい演奏が台無しになるので。(となりに座ってるとなお最悪w)

 

いかがだったでしょうか。みなさまも一度は、うっとおしいなと思ったことだと思います。特にこの記事は、中年以降の方に読んで頂きたいです。なぜなら、これらはほとんどが中年以降の人たちがするものだから。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ちょっと特殊なオーボエ、○○オーボエって知ってる?

オーボエにも特殊なものがある?! ウィーンフィルを皆さんはご存知でしょうか。たまに来日していて、そのコンサートは往々に…

ポーランドのダンスと音楽 ~ショパンのポロネーズ、マズルカ~

ショパンのポロネーズ、マズルカの素晴らしさ フレデリック・ショパンは十九世紀の頭に活躍した、初期ロマン派を代表する作曲家です。 ピア…

黒澤明クラシック音楽大好き説

映画監督の巨匠、黒澤明は実はクラシック音楽が好きだった!? 映像と音は現代において、切り離せない関係です。テレビドラマは挿入歌が、映画の感…

思わずニヤついちゃう!世界一かっこいいラプソディーインブルー

〜ガーシュウィンナイト〜 George Gershwin: Rhapsody in Blue Marcus Roberts Tr…

ワーグナーの楽劇に厨二要素が詰まっている件について

ワーグナーの楽劇に厨二要素が詰まっている件について 2017年は新国立劇場や、東京春祭での«ニーベルングの指輪»シリーズが完結する、記念す…

ページ上部へ戻る