あいらぶ   クラシック

クラシック音楽好きのためのポータルサイト

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

© あいらぶ   クラシック All rights reserved.

ヴァイオリンとヴィオラって何が違うの?

ヴァイオリンとヴィオラの違いを徹底解説!

一見するとそれは、ヴァイオリンと大きいヴァイオリンに見えるかもしれません。

この記事では、ヴァイオリンとヴィオラの明確な差異を明らかにしたいと思います。

実際にどんな違いがあるか。

弦楽器に馴染みのない方の多くは、ヴァイオリンとヴィオラの差と言いますと、少し大きさが違う程度の認識かと思います。

その認識は、正解であり、間違いです。

 本体の大きさが違うというのは正しいのですが、それに加え、音域が異なります

ヴァイオリンとヴィオラの違いを考える際には、この「音域が異なる」というポイントが、最も重要になります。

 ヴァイオリンは低い「ソ」の音までしか出ませんが、ヴィオラはさらにその5音下の「ド」まで出すことができます。

逆にヴィオラは高音の弦が一本削られるため、主に中音域を担当することになります。

 

音域の違いは、音色の違い

 もうお分かりのことかと思いますが、音域が異なると言うことは、ヴァイオリンは「キラキラした高音」を出すことができ、ヴィオラは「味のある中低音」を出すことができるということですね。

ヴァイオリンは高音の細い弦で華やかな旋律を奏でることができますが、低音には限界があります。

また、ヴィオラは、低音の弦が太いので、伸びやかで温かい音を出すことができますが、弓で弦をこする上での摩擦抵抗が増え、発音が難しくなり、速い旋律を弾くことは困難になります。

要は、得意分野が異なるのですね。

 

ヴァイオリンとヴィオラの役割の違い

 また、楽器本体よりも大きく異なることがあります。それは、オーケストラやアンサンブルの中における役割です。

 ヴァイオリンはオーケストラ曲の中でも花形ですから、メロディーを多く担当しますが、ヴィオラは和音を構成するための脇役に徹することが多いと言えます。

それだけ大きく役割が異なるということは、弾き手(奏者)の性格も大きく異なってきます。

 上述のように「華々しい高音」と「渋い中低音」がそれぞれ特徴ですから、弾き手の性格も、ヴァイオリニストは「目立ちたがり」の人が多く、ヴィオリストは比較的「温和で協調性のある」人が多い印象です(筆者の経験上)。

もちろん例外は多々あるかと思いますが、実際に楽器別に性格を分類した書籍なども出版されていますので、気をつけて観察してみると、また新たな音楽の楽しみ方(?)が見えてくるかもしれませんね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ちょっと特殊なオーボエ、○○オーボエって知ってる?

オーボエにも特殊なものがある?! ウィーンフィルを皆さんはご存知でしょうか。たまに来日していて、そのコンサートは往々に…

ポーランドのダンスと音楽 ~ショパンのポロネーズ、マズルカ~

ショパンのポロネーズ、マズルカの素晴らしさ フレデリック・ショパンは十九世紀の頭に活躍した、初期ロマン派を代表する作曲家です。 ピア…

黒澤明クラシック音楽大好き説

映画監督の巨匠、黒澤明は実はクラシック音楽が好きだった!? 映像と音は現代において、切り離せない関係です。テレビドラマは挿入歌が、映画の感…

20176/26

クラシックコンサートでいらつく5つの鑑賞マナー

クラシックコンサートでいらつく5つの鑑賞マナー コンサートに行くと、必ずいらっと来てしまうことがあります。今回の記事の内容は、管理人の超主…

思わずニヤついちゃう!世界一かっこいいラプソディーインブルー

〜ガーシュウィンナイト〜 George Gershwin: Rhapsody in Blue Marcus Roberts Tr…

ページ上部へ戻る